ビール酒造組合 本音で、話そう。 BEER TALK あなたは20歳以上ですか?

YES

NO

本音で、話そう。BEER TALK あなたは20歳以上ですか?

  • YES
  • NO

ビール酒造組合

戻る

カクテル

2017.6.28

【男のモテビアカクテル】おうち飲みで口説きたいときの、爽やかモヒート風ビアカクテル

いつも気になるあの子、一緒にビールでも飲めたら少しは会話も弾んで仲良くなれるかもしれないのに…と指をくわえて見ている男子諸君に贈る企画、シリーズ「男のモテビアカクテル」。若い頃からバーテンダーとしてカクテル作りの腕を磨いてきた百戦錬磨のビアソムリエ江沢貴弘さんを先生に、第 2 弾は梅雨時期のおうち飲みでも爽やかに楽しめる、モヒート風ビアカクテルをお届けします。

【江沢貴弘(えざわたかひろ)さんプロフィール】

江沢さん

ジャパンビアソムリエ協会 理事、飲料専門家
全ての飲料のスペシャリストとして専門学校、飲料協会団体にてカリキュラム構築、講師として従事。カフェ&BARからフルサービスレストランまで様々な業種業態の飲食店に従事した経験を持つ。バーテンダーとしての経験も長く、これまで作ったカクテルは数千種類を超える。


 

先生、今日もよろしくお願いいたします! 今回はジメジメっとした梅雨のシーズンも爽やかに楽しめるモヒート風のビアカクテルということですが、モヒートにラムではなくビール…あまり想像がつかないです。

 

そうですね。モヒートは通常、ラムと炭酸を使います。でも、湿度が高かったり暑かったり、日本の夏にはやはりビールが美味しいですよね。そこで今回は、湿度が高い時期にすっきり、まったりと飲めるビールを使ったモヒート風カクテルをご紹介します。ビール本来の柔らかい炭酸が優しく、爽やかなカクテルで飲みやすいですよ。それともう一つ特別なことが…

 

もう一つ特別なこと? 何でしょう。

 

今回はビールを使ったモヒートというだけでなく、もう一捻りしてコーヒーも使っているのです。

 

なるほど! コーヒーモヒートって、最近見かけますね。あれをビールで?

 

はい、あれをビールでやってしまいます。すっきり爽やかは爽やかでも、コーヒーが入ることで全体が落ち着きまったりと楽しめるカクテルになっていますよ。

 

確かに、聞いただけでもおしゃれ。

 

はい、爽やかな風を感じつつも、しっとりした感じのモテカクテルです。

ぜひ飲んでみてください。

 

本当だ。ライムが効いていますが、コーヒーの香りも良くて、すっきり爽快っ!! というような爽やかさとはまた違った、ゆるやかな爽やかさですね。

 

梅雨のシーズンの家飲みで、ゆるやかな音楽でもかけながら楽しむのにぴったりだと思いますよ。

 

さすが江沢先生、引き出しが半端ないです。前回の「春色カクテル」とはまた違った視点! 春色カクテルを嬉しく思う女性と、今回の爽やかモヒートを喜ぶ女性は、想像しただけでも違う印象ですしね。

 

そうですね。一緒にゆったりした時間を過ごしたいなという女性がいたら、ぜひ作ってみてもらいたいですね。

 

【今回のモテビアカクテル】
「江沢さんおすすめ!おうち飲みで口説きたいときの、爽やかモヒート風ビアカクテル」

 

<材料>
ミント 1摘
グラニュー糖 2〜3杯 10〜15g
ライム 1/4cut
コーヒー 50ml
ビール 100ml

 

<作り方>
①お椀型の器にミントとグラニュー糖を入れてスプーンの裏で強めにすり潰す。
②ライムを入れてさらに潰す。
③②をグラスに移す
④③にコーヒーを入れて混ぜる
⑤最後にビールを注ぎ、氷を適量入れる

※氷を入れるときに間にミントを入れるときれいです。

 

いかがですか? ミントをすり潰すところだけちょっと手間ですが、こんな風にすりつぶしてくださいね。家で、ちょっとした手間をかけて作るカクテル、もし気になる男の子が作ってくれたら嬉しくないですか?

 

いやー、惚れちゃいますね。もうこれは、恋人になるまで秒読みかもしれません。

 

ここで使うコーヒーは液体のコーヒーを使えばいいのですが、最近コンビニなどでもその場で入れてくれるコーヒーのクオリティが高いですから、それでも美味しくできます。でも、最近のサードウェーブコーヒーなどでも良くあるようなコールドブリュー*(水出し)のアイスコーヒーをあらかじめ作っておくというのもモテポイントになるかもしれません。

*コールドブリューコーヒーの作り方
①メイソンジャーや瓶などの容器に挽いたコーヒー豆と水を入れて 1 晩冷蔵庫に入れる。
②ドリッパーとペーパーフィルターで濾す。

 

すごい! ここまでできたら完全にもう、今頃恋人どうしですよ。でも、コーヒーにこだわる方も多いですし、実はやってます、という男子もいるのかもしれないですね。

 

コーヒーにこだわるならなおさら、もう一歩進んだコーヒーモヒート風ビアカクテル、作ってみてほしいですね。

 

江沢先生、今月もありがとうございました!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
BEER TALK トップに戻る
BEER TALK トップに戻る

ページトップ