ビール酒造組合 本音で、話そう。 BEER TALK あなたは20歳以上ですか?

YES

NO

本音で、話そう。BEER TALK あなたは20歳以上ですか?

  • YES
  • NO

ビール酒造組合

戻る

エンタメ

2017.7.26

「LIVE!BEER TALK」開催!本音トーク炸裂の3日間!

7月19日〜21日の3日間にわたって行われた、TOWER RECORDS×BEER TALKプレゼンツ「LIVE! BEER TALK」。ビールが大好きだというアーティストをゲストに迎え、ビールを飲みながら普段話せないようなことを本音で語ってもらいました。
「LIVE! BEER TALK」は、事前に観覧の募集をして当選されたお客様だけが来場できる限定イベント! ライブやフェスなどとは違い、普段聞けないような質問をお客様がアーティストに直接聞いたり一緒に乾杯したりと、ビールを飲みながら本音を語る姿が垣間見えました。そんな終始盛り上がりを見せた3日間のイベントの様子をご紹介します!

■アーティストと一緒にビールが飲める!?「LIVE!BEER TALK」

続々と来場するお客様たち。目の前に現れる憧れのアーティストを待ちわびて、イベントが始まる前から会場は熱気に包まれました。

来場したお客様にもお好きなビールを選んでいただきました。「LIVE! BEER TALK」は、アーティストと一緒にビールが飲めるという夢のようなイベントなのです!

 

■1日目はKEYTALK&Bentham!同じ事務所ならではのマル秘トークも

1日目のMCは、ジョージ・ウイリアムズさん。ゲストアーティストは、KEYTALKの寺中友将さん、小野武正さん、Benthamの鈴木敬さん、辻怜次さんが登場し、大歓声に包まれる会場内。MCから「目の前の皆さんを見てどうですか?」と聞かれると、鈴木さんは「みんな可愛いっす」と言い会場を盛り上げます。

 

MCから乾杯の音頭をお願いされると、小野さんが「乾杯の音頭は巨匠(寺中)が」と言い、「プシュッと開けていただいて」という寺中さんの言葉でプシュプシュっという爽やかな良い音が響き渡り、「皆さんでゆっくり飲みながら楽しみましょう!かんぱーい!」を合図に、会場中が一体感に包まれます。

 

 

冒頭から仲の良さが伺える4人ですが、ビールを一緒に飲みに行くのは打ち上げくらいなのだそう。

MCから「バンド内でケンカはする?」と聞かれると、「Benthamは基本仲が良くて、スタジオで空気が悪くなることもないけど、溜め込んで溜め込んだ結果、打ち上げで辻くんが泣くのが恒例行事」とのことで、飲みの場がリセットの場になっていると明かしていました。

 

ファンからの質問に答えるコーナーで、「ビールのおいしさがいまいちわかりません。いつからビールがおいしいと感じましたか? また、おいしく飲める方法があれば教えて下さい」という質問に対し辻さんは、「ビアグラスを買ってみたり、グラス自体を冷やしたり、自分なりのこだわりを持っておいしさを見つけている」と回答。鈴木さんは、「まずはシャンディガフとかフルーティーなタイプのビアカクテルを選ぶのもひとつの手」という案を出していました。

 

そんな中で登場したのが、ビアトークのサイトで紹介しているビアカクテル。左からコーヒーを使った「モヒート風ビアカクテル」、ハイビスカスティーを使った「フローラル・ランビック」、凍らせたグレープフルーツと生のグレープフルーツを入れた「グレフルビア」。

イベント中、合計8本もの缶ビールを空けるほどビール大好きな寺中さんは、モヒート風ビアカクテルをごくり。「ビール好きな人にとっても変化球でこれはうまい」と話していました。

 

同じ事務所ならではのマル秘トークも飛び出し、終始仲の良さが垣間見えたKEYTALKとBenthamの「LIVE! BEER TALK」1日目の様子をお伝えしました!

 

■2日目はHEY-SMITH&dustbox!熱い本音トークが満載

2日目のMCは、1日目に続いてジョージ・ウイリアムズさん。ゲストアーティストは、HEY-SMITHの猪狩秀平さん、満さん、かなすさん、dustboxのSUGAさん、JOJIさんが登場! 全員総立ちになりMCの「cheers!」の掛け声で乾杯!

 

質問コーナーで「ビールをおいしいと感じたのはいつですか?」という質問に対し、猪狩さんは、「初めてビールを飲む前って、喉で飲むんだよとか教えてもらうじゃないですか。あ、そうかと思って怖かったけども、でも僕、ひと口目から速攻で“うまっ!”てなりましたよ」と答え、会場が盛り上がりました。

 

ビアトークのアプリ「ホンネSENSOR」で本音を探るコーナーに。
顔がカリカリ梅のように赤くなったSUGAさんが猪狩さんに「実は俺のことバカだと思ってるでしょ」と聞くと、「これ使わなくても、思ってます」と答え、その真意をホンネSENSORで探ることに。判定は「ウソ」。SUGAさんが「尊敬してくれてるってこと?」と猪狩さんに聞くと「違う人でもう一回」と返し、会場は笑いに包まれました。

 

かなすさんはイベントの前日に、餃子に黒酢を付けて食べたのがとてもおいしかったとのことですが、BEER TALKのサイト内で紹介している「パクチーたっぷり濃厚ジューシー餃子」も食べてもらいました。つけダレは「酢、醤油、ラー油」、「酢、ペッパー」、「レモン、塩」の三種類をご用意。細胞が弾けるくらいおいしいとお墨付きをいただきました!

 

バンド同士での仲の良さも垣間見えつつ、終始熱く語りながらのHEY-SMITHとdustboxの「LIVE! BEER TALK」2日目の様子をお伝えしました!

 

■3日目はキュウソネコカミ!特別ゲストも急遽参戦!

3日目のMCは、芦沢ムネトさん。ゲストアーティストはキュウソネコカミの、ヤマサキセイヤさん、オカザワカズマさん、カワクボタクロウさん、ヨコタシンノスケさん、ソゴウタイスケさんが登場!大歓声に包まれる中、ソゴウさんが乾杯の音頭をとることに。「今日はみんな来てくれてありがとうございます。暑いんでビールで喉を潤しましょう。乾杯!」

 

ビアトークを語るコーナーでは、2日目の「LIVE! BEER TALK」に出演したHEY-SMITHとのお酒の席でのエピソードを語る場面も。「高知での対バンの打ち上げの時に、ヘイスミの満さんのスマホをお皿にしてご飯を食べてたみたいなんですよ」と言うのはオカザワさん。打ち上げの翌日に改めて満さんに言われた時も「何言ってるんだろうと思った」という衝撃エピソードに会場も騒然としました。

 

今まで明かしていなかったキュウソネコカミ前進バンドのエピソードトークなども飛び出しましたが、質問のコーナーで、「給料はいくらですか?(手取り)」というなんとも答えにくそうな質問が。「質問者の人、出てきてください!」と言うと、ROTTENGRAFFTYのNOBUYAさんとN∀OKIさんが特別ゲストとして登場!

 

新感覚なビアカクテルに驚いたり、パクチーが苦手だというソゴウさんがBEER TALKサイトで紹介しているパクチー餃子の上に載せているパクチーを食べてみたりと、和気あいあいとしていたキュウソネコカミとROTTENGRAFFTY。名残惜しむ中、最後は全員で乾杯して3日目の「LIVE! BEER TALK」も無事に終了しました!

 

■7月28日から見逃し配信の放送開始!

「生配信を見逃した!」「もう一度見たい!」という人に朗報!
7月19日〜21日に放送した「LIVE! BEER TALK」の見逃し配信を、7月28日から開始します! レポートには書ききれなかった本音トークが満載なので、ぜひご覧ください!

さらに、記事内で紹介しきれなかったビールに合う無限えのきや、パクチーサンドのレシピは、BEER TALKのサイト内に掲載していますので、ぜひ作ってみてください!

 

そして!

11月にLIVE! BEER TALKの第2弾が開催されることが決定しました!
次回もお楽しみに!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
BEER TALK トップに戻る
BEER TALK トップに戻る

ページトップ