ビール酒造組合 本音で、話そう。 BEER TALK あなたは20歳以上ですか?

YES

NO

本音で、話そう。BEER TALK あなたは20歳以上ですか?

  • YES
  • NO

ビール酒造組合

戻る

カクテル

2017.8.30

【男のモテビアカクテル】男の魅力をあげるビアカクテルの元!クラフトジンジャーシロップをマスターせよ

いつも気になるあの子、一緒にビールでも飲めたら少しは会話も弾んで仲良くなれるかもしれないのに…と指をくわえて見ている男子諸君に贈る企画、シリーズ「男のモテビアカクテル」。若い頃からバーテンダーとしてカクテル作りの腕を磨いてきた百戦錬磨のビアソムリエ江沢貴弘さんを先生に、第 3 弾は自身のモテ力を上げるための必須アイテムについて、お伺いしてきました。今回も、レシピがついているので要チェック!

【江沢貴弘(えざわたかひろ)さんプロフィール】

江沢さん

ジャパンビアソムリエ協会 理事、飲料専門家
全ての飲料のスペシャリストとして専門学校、飲料協会団体にてカリキュラム構築、講師として従事。カフェ&BARからフルサービスレストランまで様々な業種業態の飲食店に従事した経験を持つ。バーテンダーとしての経験も長く、これまで作ったカクテルは数千種類を超える。


 

先生、これまで好きな子に作ってあげたいビアカクテルをご紹介いただいてきましたが、何やら今回は、男の魅力をあげるための必須アイテムを教えていただけるのだとか。

 

そうなんです。好きな子に作ってあげたいカクテルだけではなく、自分が飲んだら男の魅力が増すようなカクテルがあったら、彼女の前でさりげなく飲んでみたいと思いませんか?

今日はそんなカクテルに応用できるシロップを紹介したいと思っています。

 

確かに。でも、飲んだだけで男の魅力があがるって、どんなカクテルになるんでしょう。楽しみです。

 

ジンジャーエールとビールのカクテルで“シャンディガフ”って聞いたことないですか? 居酒屋などでもよく置いてある、ポピュラーなカクテルです。

 

あ! 飲んだことあります。甘すぎず、ジンジャーエールのピリッとした感じがいいですよね。でも、ジンジャーエールで割っているし、ビール感が物足りないと思ってしまうこともあります。

 

そう! そこなんです。

今回は、好みに合わせて簡単に作れる濃縮シロップを使って作るので、ビール感が薄まらずにしっかりと飲みごたえのある、男の魅力をあげてくれるカクテルになるんですよ。飲んでみますか?

 

なるほど。ぜひ!

どうぞ! 好みによって、ショウガ感や甘さを調整することもできます。

 

本当だ。ショウガ感強い! ピリっとガツンと来る感じですね。ビールらしさも薄まってないので、なんか強そうなイメージのシャンディガフって感じがします。

 

そうですね。これなら自分好みにできるし、飲みごたえもあると思います。ぜひ作って見てください。

 

【今回のモテビアカクテル】

「江沢さんおすすめ!男の魅力をあげるビアカクテルの元!クラフトジンジャーシロップ」

 

<材料>

・しょうが                200g

・水                           200cc

・グラニュー糖         200g

・レモン                    ½~1個

・ビール                    適量

※お好みで、はちみつ、カルダモン、シナモン各適量

 

<作り方>

①生姜をみじん切りにする。

②鍋にしょうが、水、グラニュー糖、好みの香辛料を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして蓋をせず15分煮込む。

③冷めたらレモンを搾り、ザルなどでこす。

 

これを使ってビアカクテルを作るには、グラスへシロップを適量(15~30ml)入れビールを注ぎ、軽くマドラーで混ぜて飲んでください。好みで、はちみつを加えるとジンジャーやレモンと相性の良い華やかな香りを楽しめます。

 

また、シナモンやカルダモンを一緒に煮込んで風味づけをするとより香り良くなりますよ。カルダモンを入れる場合は、軽くつぶしてから鍋に入れた方がより香りが出てきます。

 

シロップって、もっと長い時間をかけてコトコト煮込み続けるイメージがありましたが、これならとっても簡単ですね。ぜひ一つ覚えておきたいレシピです。

 

そうですね。思ったよりも簡単だと思いますよ。ぜひ試してもらいたいですね。

 

ビール感がしっかりでるシャンディガフの元、覚えておいて男の魅力をあげてみてはいかがでしょうか。江沢先生、今回もありがとうございました!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
BEER TALK トップに戻る
BEER TALK トップに戻る

ページトップ