ビール酒造組合 本音で、話そう。 BEER TALK あなたは20歳以上ですか?

YES

NO

本音で、話そう。BEER TALK あなたは20歳以上ですか?

  • YES
  • NO

ビール酒造組合

戻る

エンタメ

2017.11.22

タワレコ推しメン グッドモーニングアメリカのたなしんが選ぶ!ビールを飲みながら聴きたい曲6選

連載「タワレコ推しメンが選ぶ!ビールを飲みながら聴きたい曲」
第 6 弾のゲストは、先日の「LIVE!BEER TALK 2」にも出演していただいた、グッドモーニングアメリカのたなしんさんです。
2 回に渡ってお送りするたなしんさんへのインタビュー第 1 回は、ビールを飲む時に聴きたい 6 曲をご紹介します!

【たなしんさんプロフィール】

東京の八王子にて、高校の同級生で結成した前身バンド「for better, for worse」を経て、現在、たなしん(ベース&コーラス)、渡邊幸一(ギター&コーラス)、金廣真悟(ボーカル&ギター)、ペギ(ドラム&コーラス)の4人からなるロックバンド・グッドモーニングアメリカのベースを担当。ポップさも兼ね備えた音楽で、自主企画の開催や作品のリリースも精力的に行う。2017年12月15日からは全国ツアーである「502号室のシリウスツアー」を開催予定。

 


 

お馴染みの短パンで登場したたなしんさん。この色を見たら潜在的に飲みたくなるだろうからと、ビールカラーの洋服を選んでくださいました!

 

普段は一人で晩酌するよりも、ライブ後の打ち上げなど、人の集まる場で飲むことの方が多いのだそう。そんなたなしんさんが、ビールを飲む時に聴きたい6曲を選んでくださいました。

 

■たなしんが選ぶビールを飲みながら盛り上がりたい時に聴きたい曲 6 選

 

1.Queen「Don’t Stop Me Now」

「サビ部分を聴くと、ビールが飲みたいなって思います」とたなしんさん。この曲のようなロックとビールは相性が良く、力強さや爽快さ、親しみやすさなど、共通する部分もあると感じているのだとか。Queenはロックの歴史の中でThe Beatlesと同じくらい世界中で愛されているバンドだということもあり、この曲が流れている場所なら世界中の人と「ビールを一緒に飲もう!」と自然に繋がることができると感じているのだそう。

 

2.[Alexandros]「ワタリドリ」

「今の日本のロック界隈にはフェスカルチャーが切っても切り離せない関係としてあるけど、その中でも[Alexandros]は、哀愁も爽やかさも兼ね備えていて華もあり、本当にかっこいいと思えるバンド」だとたなしんさん。Queenが世界に通じるビールが飲みたい曲だとしたら、このイントロを聴けば、日本のロックが好きな人は、みんなビールが飲みたくなるんじゃないかと思うのだとか。

 

3.Van Halen「Jump」

音楽カルチャーの中で、ハードロックをあまり聴いてこなかったというたなしんさんですが、先日アメリカのロックバンド・MR.BIGのBilly Sheehan(ビリー・シーン)と対談してから、MR.BIGの曲を聴くようになったのだそう。今の年齢になり改めてハードロックを聴くと、かっこよさに加えアメリカのショービジネスや、その時代の空気感を内包した良い意味でのバブリー感や勢いを音に感じるのだとか。混沌とした雰囲気がなく、ただただ明るい音楽は聴いていて楽しくなり、ビールのイメージとも合うと感じるのだそう。

 

4.Oasis「Whatever」

今までの曲はテンションが高めでしたが、この曲は友達と肩を組んで横に揺れながら一緒に飲んだり、深い話をするような時に流れていてほしいという曲。ビールを飲むと、心の底からの感情が湧き上がってきたり、熱い話をしたくなるのだそう。その上でこの曲は泣きのメロディがあり、自然に感情と調和しながら、徐々に熱い気持ちになれるよう手助けしてくれるのだとか。

 

5.布袋寅泰「Battle Without Honor or Humanity」

「布袋さんは日本人じゃないですか」と前置きをしつつ、「超かっこいいですよね。もはやこの曲は洋楽!」と熱く話すたなしんさん。仕事などで抱える様々な感情を抑えながら社会で生きる人に、ビールの爽快感は欠かせないのではと感じているのだそう。ビールは、人とコミュニケーションがしやすくなるメリットがある一方、普段貯めている抑えきれない感情を本音で話すきっかけも作ってくれるのではと感じているのだとか。そんな中でも、この曲が後ろで流れていれば、本当の気持ちを話す後押しをしてくれそうだという一曲。

 

6.森高千里「気分爽快」

「サビの印象が強かったけど、改めて聴くとイントロが超かっこいい」と言うこの曲。斜に構えていないため、良い意味で庶民的で自分たちに近いと感じるのだとか。「仕事が終わったらみんなで一杯飲みに行く?というシチュエーションの時に流れていたら、明日も頑張ることができそう」とたなしんさん。自分たちが普段出せない気持ちやワクワクした感情が表に出るのを手助けしてくれそう。

 

たなしんさんらしい勢いのある曲を中心に選んでいただいた6曲。打ち上げなどのビールのある場で人と繋がることができたり、感情を表に出す手助けをしてくれそうな曲など、バラエティに富んだ選曲でした。

 

11月29日(水)公開の第 2 回は、たなしんさんから音楽のお話を聞く中で出てきた、ビールにまつわるエピソードをご紹介します。お見逃しなく!

 

取材協力:

タワーレコードオンライン

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
BEER TALK トップに戻る
BEER TALK トップに戻る

ページトップ